返済方法

借金を踏み倒すことはできるか?バックレ経験のある20人のリアルな話

投稿日:

借金を踏み倒す

多額の債務を抱えていると、どうしても考えてしまうことがあります。

「このまま音信不通になって逃げてしまえば、返済しなくもいいんじゃないか?」

「まったく返済のめどが立たない。もう踏み倒してしまおうか…」

いまある借金を踏み倒し、返済の義務から逃げてしまう。

人として、社会に生きるものとして、できることなら避けたい選択肢のひとつですよね。

特に親族や友人相手の借金の踏み倒しは、それまで築いてきた信用を完全に失ってしまいます。

また、今までとはまったくの別人として生きていかなければならない可能性もあります。

そもそも、借金を踏み倒すということは本当に可能なのでしょうか?

ここでは、「借金を踏み倒した」経験のある方にアンケートを実施し、その金額や経緯などを踏まえてご紹介していきましょう。

 

このページでわかること

アンケート結果では、「家族や親類」「職場の上司や同僚」「学生時代の友人」「銀行・消費者金融のカードローン」など、借金を踏み倒してしまった相手は多岐にわたりました。

そのほとんどが何の連絡もせず、催促連絡がきても無視をして、長期間音信不通になるという手段を取っていたようです。

しかし、ほぼ全員が借金を踏み倒したことを後悔していて、以下のようなコメントが多数見受けられました。

  • お金の切れ目が縁の切れ目
  • 一生もやもやしたものが残ってしまう
  • 少しずつでも返済していれば、今でも関係が続いていたかもしれない
  • どんなに親密な関係でも、なあなあにしてはいけない

また、友人からの借金であっても利用できる債務整理の方法をまとめています。

詳細は本文を参考にしてください。

⇛自分の借金がいくら減るのか調べてみる

 

そもそも借金は踏み倒せるものなのか?

そもそも借金を踏み倒す、ということは可能なのでしょうか。

実は借金にも犯罪と同じく、時効と呼ばれるものが存在します。

例えば金融機関から個人向けにお金を融資した場合、その借金の時効は5年です。

(信用金庫や保証協会、個人間であれば10年となります)

つまりこの期間まったく返済することなく無視し続ければ、法律的にも「時効援用」として踏み倒しが可能なのです。

 

しかし、そんなことが許されては世の中の誰もが借金を踏み倒してしまいますよね。

当然この5年のカウントをストップさせ、リセットして振り出しに戻す方法があります。

  • 催促状、督促状が送付されたとき
  • 金融機関が訴訟を起こしたとき
  • 財産や給与を差し押さえられたとき
  • 借金を1円でも返済したとき(債務の承認)

催促や督促を受け、6ヶ月以内に訴訟になれば時効はリセットされる

書面で督促を受けている場合は、その時点で時効のカウントが中断されています。

催促状や督促状を受け取ってから6ヶ月以内に訴訟・差し押さえになれば、さらに時効がリセットされます。

 

1円でも返済すると債務の承認となる

返済が困難になった時、よくある対応として「利息だけでもいいので支払ってください」と言われることがあります。

極端にいえば、債務者が1円でも返済すれば「その借金を自分の債務だと認識している」ということになります。

これは「債務の承認」と呼ばれ、返済をした時点で時効がリセットされることになります。

 

こうしたことからも時効援用の利用は現実的に考えて難しいと言っていいでしょう。

また時効援用を利用することで信用情報機関に貸し倒れとして履歴が残ります。

その情報は5年間残り、その間クレジットカードを作ること、ローンを組むこと、新規借入を行うことができなくなってしまいます。

こうしたデメリットがあることを踏まえ、実際に借金を踏み倒したことがある方々のお話を見ていきましょう。

 

踏み倒した借金の金額と貸主は?

まずは経験談を語っていただいた皆さんの借金総額と、その貸主について伺っていきます。

上京して働き出したけどうまくいかず、当時付き合っていた元カレの家に転がり込んで生活をはじめました。

月に10万くらい借りていました。

私が仕事をはじめたら返すねと約束していましたが、結局1年くらい経ったあと、何も言わず荷物をまとめて地元に帰りました。

(30代の女性・無職)

旦那の姉妹から15万円ほどお金を借りました。

旦那には内緒で借りていましたが、葬儀や法事のときにトラブルになり、そのまま音信不通になりました。

借金をしたことを旦那に言ってから喧嘩が絶えず、旦那の姉妹とはここ10年ほど全く会っていません。

(30代の女性・主婦)

5社以上の消費者金融から300万円を借りていました。

毎日毎日督促の電話が鳴っていましたが、すべて無視しました。

そのうち自分の店が経営難で潰れてしまいましたので、それをきっかけに実家へ戻ることにしました。

(30代の男性・自営業)

 

踏み倒した相手の中には、他にも…

 

  • 会社の社長・同僚
  • 中学・高校時代からの友人
  • 自分の父親
  • 兄弟・姉妹
  • 銀行のキャッシング
  • 消費者金融

 

など、親しい間柄の方から金融機関に至るまで様々でした。

また踏み倒した借金の平均額は約54万円で、最低額が10万円、最高額が300万円となりました。

借り主にも大小問わず事情があったとはいえ、借金を踏み倒して逃げられてしまったときの貸主の心情には察してあまりあるところがありますね…。

 

借金を踏み倒す人にありがちな3つのパターン

何も言わずに実家へ帰ったり、引っ越したり、借金を踏み倒す方法もまた様々です。

それでは借金を踏み倒された相手は、どのような対応をしていたのでしょうか。

  1. しらばっくれて、催促に応じない
  2. 督促されずに自然消滅
  3. 「今度会ったら返す」を繰り返し結局音信不通

しらばっくれて、催促に応じないパターン

一番タチが悪いですが、返済のアテがないとどうしてもやってしまいがちです。

貸主とは疎遠になり、やがて音信不通になるというのがお決まりのパターンですが、どうしても後味が悪くなります。

大学の友人だったので、共通の友人から大変なバッシングを受けていました。

とにかく1円でもいいから返してほしいと何度も必死に言われました。

(20代の男性・会社員)

地元にいる友達からお金を借りてそのままにしました。

自宅まで呼び鈴を鳴らして探しにきたけど、居留守を使って音信不通を装いました。

(20代の男性・会社員)

 

督促されずに自然消滅パターン

貸した相手も忘れていて、一度も催促されることなく、いつの間にかうやむやになってしまっているというケースです。

引っ越しなどで、物理的に返済が難しくなった場合もコレに当てはまるかもしれません。

ある意味ラッキーといえますが、借金前の人間関係でいることは、ほぼ不可能なようです。

バイト先の同僚から借金をしたが、その後1度も催促されなかった。

ずっと忘れていたし、仕事を辞めたのでその後会うこともなくなり、自然消滅してしまった。

(20代の女性・学生)

 

「今度会ったら返す」を繰り返し結局音信不通パターン

数十年来の友達に借金をつくり、「今度会ったら返す」を繰り返し、結局音信不通になってしまった…というケースも多く見られました。

最初は本当に返すつもりでも、だんだんめんどくさくなってきて、最終的に「なかったことにする」という考えになることもあるようです。

特に友人間での借金において、貸した側としては当然返済があると思いますよね。

このため借用書などで誓約することがなく、うやむやになってしまっている一因といえるでしょう。

しかしそんな方たちの中には今後一生「このお金を返せていない」というわだかまりの気持ちが残ってしまうことになるようです。

 

今だから伝えたい。借金問題で悩む人たちへのメッセージ

借金を踏み倒す、ということがどれだけリスクのあることなのか。

社会的な信用、身の安全はもちろん、それまでの関係を一切絶たなければならないこと。

お金以上に大切なものをなくしてしまう、と踏み倒した経験のある方々は口を揃えて言います。

借りたら返さないと、一生もやもやした感情が残ってしまいます。

罪悪感もあるし、貸主は人間不信などに陥っていないだろうかと不安になります。

借金を踏み倒せば、必ず誰かが傷ついてしまうんです。

今はもう、どこで何をしているかさえわからない相手ですが…。

(30代の女性・パート)

もしも踏み倒さなければ、あの時少しずつでも返済していれば、と後悔の気持ちでいっぱいです。

どんなに仲がいいからといって、なあなあに済ませてはいけないと痛感しています。

(30代の女性・学生)

督促を受けているころは本当に地獄のような生活を送っていました。

今後は人や企業にお金を借りることは二度とないようにしたいです。

返せないお金は借りないこと、お金の稼ぎ方を学ぶこと、冷静になれば自然と案が浮かんでくるはずです。

(20代の男性・会社員)

借金を返せていないという負い目から、実の兄弟なのにもかかわらず負い目を感じ、だんだんと疎遠になってしまった。

どれだけ親しい関係であったとしてもお金に関する問題はきちんと精算しておいたほうがよい。(40代の男性・会社員)

 

どの方の言葉にも「お金の切れ目が縁の切れ目」を感じさせるものがあります。

借りていた相手が友人でも親族でも、お金を返せていないという自分自身の負い目が生まれます。

その負い目こそが関係性を悪化させて、最後には音信不通となってしまう要因となっているのです。

今回アンケートに答えていただいた多くの方が借金を返せなかったことを後悔している方たちばかりでした。

お金の貸し借りは人を変え、時にはトラブルの火種となり、やがて生涯の友人を失ってしまう要素を秘めています。

たとえどんなに仲のいい関係であったとしても、お金の貸し借りはできるだけしないようにすること。

どうしても貸し借りを行うときには、借りる側としても口約束だけで済ませるのではなく、きちんとした借用書を作成しておくこと。

目先のことだけに囚われず、今後数十年先のことも考えた誠意ある対応が、誰よりも自分にとって重要なことと言えるでしょう。

 

まとめ:個人間の貸し借りでも債務整理は可能です

個人間の債務整理

例えば家族や友人など、個人的な借金であっても、債務整理へ手続きすることも可能です。

消費者金融などの賃金業者が相手であれば、任意整理などで弁護士から直接貸し主に交渉を行い、督促をストップさせて借金総額を圧縮するという手段は有効です。

しかし個人間の場合には、「法律の専門家を介入させてでも借金を減らしたい」という気持ちが相手に見え透いてしまいます。

するとさらに催促がエスカレートしてしまったり、人間関係に異常が生じる可能性は免れません。

逆に、個人間の債務だけは、整理の対象から外すということも可能です。

債務整理はしたいけど、友人への義理は欠きたくないという対応もできます。

「少しずつでも返済がしたい」「全額を返済できなくても誠意を示したい」

そんな思いがあるときには、まずは自分から借金を減額できないか交渉してみましょう。

相手の態度が硬化する危険もありますが、場合によっては専門家が間を取り持ったほうがよいケースもあります。

どのような状況であっても、まずは無料の相談窓口で対応案を伺ってみてくださいね。

借金がどれくらい減るか無料で診断してみる

匿名でできる無料の借金診断サイト

街角法律相談所

借金問題を匿名で相談できる

借金をなんとかしたいけど、どうすればいいかわからないという方は、一度お試しください。

復数の法律事務所に相談ができ、匿名で回答を得ることができます。

電話番号の入力は必須ですが、「メールでの回答」を希望しておけば、電話がかかってくることはありません。

このサイトを通じて100万円以上借金が減った人もいますよ

 

-返済方法
-,

Copyright© 借金が返せない人の対処法と、164人の借金返済体験|熱血債務整理 , 2017 AllRights Reserved.