返済方法

借金一本化体験談まとめ。おまとめローンに成功・失敗した23人の話

投稿日:

おまとめローン体験談

多額の借金を抱える方にとって、「おまとめローン」はぜひ利用したいサービスのひとつです。

借金を一本化することで金利を下げ、月々の返済額を下げたり、返済期間を短くすることも可能になります。

長期返済が経済的負担になっている時にこそ利用したいおまとめローン。

しかし、「審査に通らず利用できなかった」という方も実は少なくないのです。

ここでは、借金一本化に成功した方、失敗した方のエピソードを独自に調査しました。

その結果から、おまとめローンの審査がどのような傾向にあるのか分析、まとめていきます。

 

このページでわかること

アンケートでおまとめローンの審査に通った、通らなかった方たちの平均年収と平均借金総額を比較すると、同じ程度の額であってもおまとめローンの審査に落ちてしまった方がいることがわかりました。

その理由について、以下のような点が挙げられています。

  • 個人信用情報に異動情報があった
  • 借金返済を延滞したことがあった
  • 短期間のうちに何度もおまとめローンを申し込んだ
  • 勤続年数が足りていなかった

また借金の一本化に成功した方たちは、以下のようなメリットを挙げられています。

  • 月々の返済額が減り、返済総額も大幅に圧縮できた
  • 返済期間を短縮することができた
  • 毎月の返済し忘れがなくなった

また借金一本化ができなかった方たちは、債務整理などの手続きでその後の借金返済を行っている場合がほとんどです。

詳細は本文を参考にしてください。

⇛一本化に成功した13人が選んだおまとめローンはこちら

 

年収、借金総額から見るおまとめローン

今回、私達が独自実施したアンケートにお答えいただいたのはおまとめローンを利用した、利用しようとしたが審査に通らなかった経験のある23人の方たちです。

そのうち「おまとめローンを利用した」のは13人、「おまとめローンの審査に通らなかった」のは10人となっています。

この両者にはいったいどのような違いがあるのか、詳細を比べていきましょう。

 

それぞれの年収、借金総額の平均は?

まずは、「おまとめローンを利用した」「おまとめローンの審査に通らなかった」に分けて、当時の年収と借金総額の平均を比べていきます。

  おまとめローンを利用した おまとめローンの審査に通らなかった
平均年収 432.3万円 317万円
最高年収 800万円 480万円
平均借金総額 220.7万円 196万円
借金最高額 500万円 400万円
借り入れ先平均 約3社 約4社

上記の結果から、平均年収や借金総額はおまとめローンが利用できた方のほうが多いことがわかります。

一方で、借金総額が少なく、平均年収が利用できた方よりも多いにも関わらず、おまとめローンの審査に落ち、借金一本化ができなかった方もいることがわかりました。

 

2社からの借り入れです。

色々な金融機関を検討しましたが、東京スター銀行はおまとめローン専用でしたので申し込みし、利用しました。

借金総額200万、平均年収250万円の会社員の女性(40代)

4社からお金を借りていました。

楽天銀行の口座を持っていましたし、審査が通りやすいと聞いたことがありましたので、楽天銀行スーパーローンに申し込みましたが、審査で落ちてしまいました。

借金総額250万、平均年収220万円の会社員の女性(30代)

3社からの借り入れ。

会社の労働組合と密接な関係があり、様々な優遇プランがありました。

また店舗が会社から近かったので、中国労働金庫を利用しました。

借金総額380万、平均年収480万円の会社員の男性(30代)

6社から借りました。

貸金業者からの借り入れだけでもまとめて、返済先を減らそうとアコムに申し込みましたが、残念ながら利用できませんでした。

借金総額400万、平均年収450万円の会社員の男性(30代)

このように、おまとめローンは銀行や労働金庫、大手消費者金融などから申し込むことができますが、同じような借金額、年収であっても審査に落ちてしまう方がいるようです。

では、これ以外に審査落ちしてしまう理由はどのようなものなのでしょうか。

⇛おまとめローン審査に通った13人が選んだベストなローンはコレ

 

おまとめローン審査が通常のカードローンよりも難しい理由

一般的におまとめローン審査は、カードローン審査より通過が難しい、と言われています。

上記でもご紹介した通り、同じ借金額、年収であっても審査落ちしてしまう方もいるほどです。

それではなぜおまとめローン審査は、カードローン審査より難しいのでしょうか。

 

おまとめローン審査は2段階審査で実施される

おまとめローンの審査は、「申込時に入力した内容のスコアリング」そして「在籍確認」で行われます。

申込時に入力した内容のスコアリングとは?

スコアリングとは、申込時に入力した個人情報をPCによって自動的に審査するものです。

例えば勤務先や雇用形態、勤続年数、年収などの項目ごとに、各業者によって異なる審査基準によって点数化します。

この点数の値によってまずふるいにかけられる、というわけですね。

その他にも持ち家があるかどうか、固定電話かどうかなどがチェックされます。

しかし最も重要なのはやはり年収と、それを裏付ける勤続年数だと言えるでしょう。

特に勤続年数が10年以上、年収は400万円以上あると満点近い場合が多い、と言われています。

 

在籍確認とは?

在籍確認とは、申込時に入力された職場に電話をかけ、その人が本当に勤務しているかどうかを確認するものです。

カードローンからの借入を行う場合でも在籍確認は行われるので、ご存じの方は多いでしょう。

ですがおまとめローンを利用するということは、カードローンから借金をしているということ。

職場に堂々と社名を名乗って電話してこられては、悪い噂になってしまいかねませんよね。

こうした事態を避けるため、業者は「○○と申します、○○さんはいらっしゃいますか?」としか話しません。

このため、職場の方におまとめローンを利用する、ということがバレてしまうことはありません。

 

おまとめローンの利用のメリット・デメリットは?

では、おまとめローンを利用するメリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

表にまとめてみましたので、一覧で見ていきましょう。

メリット デメリット
金利を抑えることができる 借金総額は減らない
返済日が1つになり、管理が楽になる 返済期間によっては総額が大きくなる
信用情報に影響がない 審査が厳しい

 

おまとめローンのメリット。返済管理が楽になる!

銀行系おまとめローンの実質年率は1.7%~14.5%前後と、金融機関によってはかなり幅があります。

利用するサービスやプランによっては、消費者金融カードローンの金利より安くなることがあります。

例えば3社から借りている場合、返済先をひとつにまとめ、管理を楽にすることも可能です。

また任意整理をした場合には信用情報に事故履歴が残りますが、おまとめローンであれば影響はありません。

 

おまとめローンのデメリット。返済総額が増えてしまう場合も

おまとめローンのデメリットとしては、借金額が減るわけではないということが挙げられます。

また返済期間が長いのにおまとめローンを利用した場合、金利によっては返済総額が大きくなってしまうこともあります。

また審査が厳しく、借金額、借入先が多ければ多いほど審査通過は難しくなるでしょう。

 

おまとめローン審査に通った・通らない理由はこれだ!

おまとめローンの審査に通った、通らなかった方に、その理由をいくつか分析し、回答して頂きました。

審査通過の秘訣は、返済能力を裏付ける勤続年数と勤務先

3年以上勤務していましたし、借り入れ先と借金総額がそう多くはなかったからだと思います。

また、他者に仮審査申し込みをしませんでした。

(3社から50万円の借り入れ・30代の男性)

1番は会社の勤続年数、また独身ですので、固定支出が少なかったからだと思われます。

お金を借りていた金融機関にも滞納することなく返済を続けていたので、ある程度の信用があったのではないでしょうか。

(3社から500万円の借り入れ・40代の女性)

 

おまとめローンの審査に通った方の多くが、審査に通った要因として、以下のようなポイントを挙げられています。

  • 勤続年数が長く、会社のネームバリューがあった
  • 申込先の金融機関の口座を持っていた
  • 借り入れ先の返済を滞納していなかった

それでは続いて、おまとめローンに通らなかった理由を見ていきましょう。

 

審査落ちの理由は、滞納、事故歴、重複申込など

審査に落ちたあと、個人信用情報の開示を行った結果、事故情報が残っていました。

特に、既存の借り入れにおいて返済が遅延したり、滞納させたという情報が残っていたため、信用度が低いと判断されたのだと思います。

(6社から400万円の借り入れ・30代の男性)

多重債務状態だということもあり、返済が数社遅れてしまっていることと、借金総額より年収が低いことが審査に落ちた原因だと思っています。

(5社から200万の借り入れ・30代の女性)

収入に対しての借入額が多すぎたことだと思います。

また、短期間での重なる申し込みを行ったため、信用情報機関が真っ黒で、社会的信用を失っていたからだと思います。

(4社から230万円の借り入れ・30代の男性)

 

おまとめローンの審査に落ちた方の多くが、審査に落ちた要因として、以下のようなポイントを挙げられています。

  • 個人信用情報に異動情報(事故情報、ブラックリスト)が残っていた
  • それまでの借金の返済を延滞したことがあった
  • 短期間で何度も申し込んでしまった
  • 勤続年数が足りていなかった(転職してすぐに申し込んだ)

以上のような点から、年収や借金総額が同じ程度であっても、おまとめローンの審査に通らないケースがあるということがわかりました。

⇛失敗から学ぶ。成功者が選んだおまとめローンベスト3

 

自分の個人信用情報の調べ方

今ではパソコン、スマホからでも個人信用情報の開示できるようになりました。

開示には、各クレジット会社に届け出ている電話番号を利用します。

CICなどの個人信用情報機関では、「受付番号」を取得し、その後必要事項を入力することでインターネット上から個人信用情報を開示することができます。

1000円の手数料と通信費はかかりますが、これからおまとめローンに申し込もうとしている方は、一度確認しておくと安心ですね。

 

おまとめローン審査の後|残った借金はどうした?

おまとめローンによる借金一本化に成功する、失敗する、結果次第でその後の対応が全く違ってきます。

特に、ローン審査に落ちた人は、その後の返済を考えなければいけません。

対応策について、経験者の意見を紹介したいと思います。

 

おまとめローンに通らなかった人は、必至で自力返済の道を進む

おまとめローンの審査に落ちたあと、借金に関する無料相談を利用しました。

その結果、無料相談をしてくれた弁護士からは、おまとめローンでは既に手遅れであること、このまま債務超過となり、返済不能となった場合は強制執行の可能性もあるとのことでした。

その後速やかに自己破産の手続きを行いました。

現在は免責許可が確定して、通常の生活を取り戻しています。

(6社から400万の借り入れ・30代の男性)

おまとめローンに落ちてから2年ほどは、多重債務で自転車操業の状態でしたが、延滞することもなく返済し続けていました。

しかし、収入が減少、借入枠に空きが無くなったことが原因で、延滞するようになってしまったため、任意整理で清算することにしました。

交渉は弁護士に委任し、無事に各債権者と合意に至りました。

現在も返済中です。

(3社から70万の借り入れ・30代の男性)

 

おまとめローンの審査に落ちてしまった方は、以下のような方法で借金の清算・返済を行っているようです。

  • 借金問題について無料相談できるところへ行く
  • 債務整理の手続きをする
  • 借り入れの少ない会社、利子の高いところから完済を目指す
  • 自力で返済を続け、長期間借り入れをしている場合には過払い金請求を行う

まずは収入を増やし、日々の生活と毎月の返済額を払っても充分給与が余るくらいの生活を目指している方が多いようですね。

おまとめローンを利用できず、多重債務に陥り借金の返済目処が立たない場合には、債務整理などの手続きを取るのが得策だと言えるでしょう。

 

おまとめローンに通った人は、債務が減り生活も楽になる

続いて、借金一本化に成功した方のエピソードを紹介します。

おまとめローンで人生を救われた、精神的な負担が減ったという、単に借入を1本に絞ったというメリット以上のものを得られているのが印象的です。

借りた3社とも利息がバラバラだったので、銀行のおまとめローンで低金利になり、同じ金額の返済ですが借金総額が減り、生活が少しずつ楽になってきましたので、今月も少し上乗せして返済しています。

あと半年ほどで全て返済できると思います。

低金利で借りられて本当に良かったと思っています。

(3社から170万円の借り入れ・50代の女性)

現在も返済中ですが、以前より毎月の返済額が減っているため、無理なく生活できています。

これまでのようにどうしようもなくなってパニックになり借金を増やすこともなくなりました。

いまは賞与等をやりくりしてまとまった金額を作り、総額を少しでも減らすよう努力しています。(3社から380万円の借り入れ・30代の男性)

 

おまとめローンを利用した方の多くが、以下のように回答されています。

  • 月々の返済額が減った
  • 返済期間を1年以上短縮することができた
  • 1社だけに返済すればいいので、返済し忘れるということがなくなった

特に銀行口座を持っている方は、その銀行でおまとめローンを利用し、定額を毎月引き落としてもらうことで返済忘れがなくなったと言います。

消費者金融系のおまとめローンは審査が早く利用しやすいことが特徴です。

その反面金利が高く、月々の返済をさらに圧迫してしまうおそれがあります。

おまとめローンに申し込むときには銀行系のサービスを積極的に活用するようにしてください。

ただし審査は厳しく、結果が出るまでに時間がかかることも考えられます。

不安なときは個人信用情報を開示したり、申し込みの際どこにどれだけ借金をしているのかなど、詳細を伝えるようにしましょう。

 

まとめ:銀行系おまとめローンを活用して借金を一本化!

銀行のおまとめローン

借金を一本化することで借金総額や返済期間を大きく圧縮し、また低金利になるために経済的な負担を軽減することができます。

おまとめローンの利用審査には勤続年数や年収が重要視されます。

他にも個人信用情報に異動情報が残っていないかなどがポイントになりますので、申し込みの時には十分確認するようにしてください。

借金総額に対して年収が十分であっても、社会的な信用が認められない場合にはおまとめローンを利用することはできません。

また、おまとめローン審査は、審査に落ちる方も多くいます。

その場合は、借金問題を専門に扱う相談窓口や、債務整理の手続きを検討してください。

 

借金一本化成功者が選んだベストなおまとめローン

東京スター銀行カードローン

最長10年までの借入、30万円からの一本化に

おまとめローン専用のサービスとして有名なのが東京スター銀行です。

仮審査期間が最短で3日かかるため、お急ぎの方には不向きですが、一本化後の借入期間は最大10年と、金融機関のなかでも最長クラスなのが魅力です。

匿名でできる無料の借金診断サイト

街角法律相談所

借金問題を匿名で相談できる

借金をなんとかしたいけど、どうすればいいかわからないという方は、一度お試しください。

復数の法律事務所に相談ができ、匿名で回答を得ることができます。

電話番号の入力は必須ですが、「メールでの回答」を希望しておけば、電話がかかってくることはありません。

このサイトを通じて100万円以上借金が減った人もいますよ

 

-返済方法
-,

Copyright© 借金が返せない人の対処法と、164人の借金返済体験|熱血債務整理 , 2017 AllRights Reserved.