返済方法

個人再生体験談。借金減額までの流れや個人再生後の生活を激白

更新日:

個人再生体験

多額の負債を抱え、自分では返済することができない…。

そう判断したとき、まず考えるべきなのは債務整理をすることです。

債務整理には大きく分けて4つの手続きがあります。

なかでも「個人再生」を利用すれば債務を原則1/5にまで減額することができます。

自己破産とは違って車や自宅などの財産を手放さずに行えます。

 

しかし、裁判所を通して行う分、手続きは煩雑で、デメリットも免れない手法となっています。

今回は個人再生を行った方に独占インタビューを実施。

実際にかかった費用や借金をした理由、個人再生後の返済方法などをインタビュー形式でご紹介していきます。

 

このページでわかること

今回インタビューを受けてくれたWさんの借金総額は400万円、5社からの借り入れでした。

当初は自己破産を考えていたWさん。

相談先の司法書士事務所で「交際費が理由では自己破産が認められない可能性がある」とのことで、個人再生手続きを選択。

約半年間の認可待ち期間を経て、借金が100万円まで減額、月々の返済は3万円以下にまで抑えられる結果となりました。

個人再生のデメリットとして、クレジットカードが作れなくなること、ローンが組めなくなることなどが挙げられています。

良かった点としては、経済的にも精神的にもゆとりある生活を送れるようになったこと。

無理をして返済している方は早めに弁護士に相談するべきだ、とWさんは語ります。

詳細は本文を参考にしてください。

⇛自分の借金がいくら減るのか調べてみる

 

個人再生経験者への独占インタビュー

個人再生インタビュー

今回個人再生体験談インタビューを快諾してくれたのは、ハンドルネームWさん。(仮名・33歳)

任意整理や自己破産を選ぶ方が多い中、なぜ個人再生を選んだのか、またその返済方法などについて伺っていきます。

 

借金の理由と総額、個人再生を選んだワケ

個人再生をされたのはどれくらい前のことでしょうか?
4年前、当時は不動産業で会社員をしていました。
ご家族はいらっしゃいますか?
妻がひとり。子どもはいません。
では、借金の総額と借り入れ先の金融機関を教えてください。
借金総額は400万円程度です。

借り入れ先はスルガ銀行、東京スター銀行、信用金庫、クレジットカード会社1社、プロミスの合計5社でした。

 

借金の理由…交際費としてでは自己破産ができないかもしれない

5社から400万円借りていたということですが、主な借金理由はなんだったのでしょうか?
仕事をするうえで自腹で接待費などを工面、負担することが多くありました。

借金のほとんどは交際費に使っています。

 

債務整理には他にもいろいろな種類がありますが、なぜ個人再生を選ばれたのでしょうか。
弁護士と相談したところ、「交際費」という借金理由では、裁判所は自己破産を認めないだろうということでした。

そのため、個人再生のなかでも、給与所得者等再生を選びました。

 

給与所得者等再生とは

  • 給与など、長期間安定した収入を得る見込みが大きい
  • 再生計画案による弁済額が引き上げられても、支払える余裕がある

こうした場合に利用できる個人再生の手続きです。

給与所得者再生では、債権者による再生計画案の決議が不要です。

そのため、小規模個人再生案では否決されてしまいそうな場合などに検討します。

 

個人再生のきっかけと依頼

債務整理をする前、各社から取り立てなどはありましたか?
「延滞に関するご確認」というような連絡が携帯にありました。

その際に「○日には支払います」と伝えると、その日までは督促が止みました。

それを毎月繰り返しているうち、数か月後には期限にならずとも督促を受けるようになっていました。

 

債務整理のきっかけ。妻にバレてしまい、離婚を宣告されたこと

そうした督促の連絡がある中で、債務整理をしようと踏み切ったきっかけはなんでしたか?
それまでは妻にバレることなくなんとか返済をやりくりしていたのですが、ある日プロミスの書類を見つけられて白状することになりました。

その後、借金を清算しなければ離婚する、と通告されました。

それだけはどうしても避けたいと思い、債務整理を決心しました。

本当は最後までバレずに返済したかったですね。

 

債務整理、ひいては個人再生をすることになって、奥様や周囲の方の反応はどうでしたか?
友人たちには相談していなかったこともあって、特に影響や反応はありませんでした。

ただ妻や妻の実家からはひどく叱られ、例えば飲みに行くだけでも大きな制限を課せられるようになりました。

今では何か欲しいものがあっても、許可を貰わないことには購入することができないようになっています。

なるほど…。

では、債務整理をするにあたって、依頼はどちらにされたのですか?

司法書士法人はたの法務事務所です。

ネット検索でサイトを見つけて、無料相談ができるとあったのでお願いしました。

http://hatano-saimuseiri.net/lp2/index.html

 

個人再生の正式依頼|依頼費用と借金の減額

依頼するにあたり、かかった費用総額を教えてください。
司法書士費用が30万円と提出書類に必要な印紙代が1万円。

官報公告費用として1万2,000円、切手代で1200円かかりました。

相談から認可決定まで、どれくらい期間がかかりましたか?
約6か月ですね。
半年ともなると、期間中苦労されたこともあったのではないでしょうか。

 

認可決定までの半年間、家計簿をつけて提出!その他苦労したこと

そうですね…。

申請前後に、司法書士から家計簿をつけて提出するよう指示がありました。

それまでは家計簿などつけたこともなく、妻も協力してくれませんでしたから、自分でどうにか作成しました。

家計簿の提出!

認可がおりるまでには様々な制約があった、ということですね。

あとは突発的な出費があったときには、どうしてお金が必要だったか説明文を作成する必要がありました。

尚且つ交際費などに利用すると心証が悪くなると聞いていました。

友人や同僚との付き合い方を変えなくてはいけなかったのが一番苦労しました。

付き合いを断る理由を考えることに四苦八苦し、手続きの書類を作ることより人間関係に一番疲れた半年だったと思います。

 

個人再生成功!|認可が下りたあとの借金返済方法

個人再生の認可が下りた後、借金はどうなりましたか?
総額400万円が100万円にまで減額され、それを36回払いで返済することになりました。
300万円もの減額ですね!

月々の支払いも楽になりましたか?

はい。

今まで毎月10万円を超える返済があったのですが、それが3万円弱にまで減り、生活に余裕ができるようになりました。

完済済みとのことですが、その後、どのように返済していきましたか?
月々27,000円を36回払いとのことでしたが、30回目にボーナスで残金を一括返済しました。

 

個人再生後の生活|不便な点と良かった点

個人再生後、不便だなあと思ったことはありますか?
クレジットカードが作れないこと、あとはローンも組めなくなったことが不便です。

特に車に関しては現金を貯めなければならず、結局どうしても足が必要なときにはレンタカーを借りていました。

確かに、クレジットカードが使えないと何かと不便ですよね。
レンタカーはVISAデビットなどでも利用できますが、カーシェアリングは基本クレジット払いなので利用できませんでしたね。

車のことも含め、大きな買い物はまずできなくなるのが一番不便だと思います。

 

個人再生をしてよかったこと。精神的な余裕が生まれ、出世することができた

では逆に、個人再生をしてよかった、と思う点はありますか?
それまで毎日毎日借金返済のことで頭がいっぱいだったのが、債務整理を行ったことで精神的な余裕が生まれたこと、気にしなくてよくなったことが大きいです。

仕事にも余裕が生まれ、会社でも出世することができました。

残念ながら妻にはバレてしまいましたが、無理に返済を続けるのではなく、思い切って債務整理をしてよかったと思っています。

毎日の生活や、ご家庭でも余裕ができたということですね。
返済が遅れているときにはご飯を食べてもあまりおいしく感じられなかったのですが、今では本当に美味しいですし、幸せに暮らせるようになりました。

 

いま、個人再生を考える人へ|債務整理を検討してください

それでは最後に、今も債務で苦しむ方へ何かアドバイスをお願いします。
私は最初、できるだけ安く済む弁護士事務所を探していました。

比較のためにたくさんの事務所へ相談しに出かけましたが、相場より安い弁護士事務所ほど癖の強い方が多く、あまり良い印象を抱くことはありませんでした。

いくつもの事務所を回って、依頼先をしっかり吟味したほうがいいということですね。
そうですね。

私は、はたの法務事務所さんにお願いしましたが、無料相談でよくして頂いたことが大きかったです。

多少高額であっても、経験も豊富な法律事務所を探すのが一番安心できると思います。

費用は分割支払いできるところもあります。

ある程度お金がかかっても確実に依頼者の利益になるように行動してくれて、且つ対応も早い事務所を選んでください。

個人再生という手続きについてはどのようにお考えですか?
個人再生は借金がゼロになるわけではない分、仕事をしてしっかり収入がある方であれば、裁判所も自己破産より再生計画を認めてくれやすいそうです。

再生計画中の3年間は当然利息がかかりませんので、無理して返済されている方は早めに弁護士や司法書士に相談したほうがいいと思います。

ご協力ありがとうございました!

 

まとめ:個人再生でムリのない生活へ。弁護士費用は分割も可能

無理のない生活に

今回Wさんには個人再生を行った経験談を回答していただきました。

個人再生は裁判所を通して行う債務整理です。

そのため、要件を充たす必要がある、個人再生したことにより官報に住所氏名が記載されるなどのデメリットがあります。

また3年間の再生計画案が認められない場合もあります。

依頼した弁護士・司法書士事務所とどの手続きを取るのか、将来的な収入状況も見越して検討しなければなりません。

しかし負債が1/5になることや、月々の返済額が債務整理前に比べ大幅に抑えられることなど…。

どれだけ借金が減額できるかは、弁護士の腕次第である任意整理よりも有用である場合があります。

Wさんの言うように、依頼費用は分割で支払うことも可能です。

無理をして返済を続けている方は、個人再生を含む債務整理について、まずは相談するところからはじめてみてくださいね。

借金がどれくらい減るか無料で診断してみる

匿名でできる無料の借金診断サイト

街角法律相談所

借金問題を匿名で相談できる

借金をなんとかしたいけど、どうすればいいかわからないという方は、一度お試しください。

復数の法律事務所に相談ができ、匿名で回答を得ることができます。

電話番号の入力は必須ですが、「メールでの回答」を希望しておけば、電話がかかってくることはありません。

このサイトを通じて100万円以上借金が減った人もいますよ

 

アヴァンス法律事務所(任意整理専門)

【自己破産は絶対イヤという方へ】

破産はしたくない。

でも、借金は減らしたい。それなら、弁護士による借金の減額交渉が最適です。

1~2件程度の少ない借金問題でも、アヴァンス法律事務所は誠実に対応してくれます。

※1,2件の借金の場合、採算が合わないため、断る弁護士もいます

取引期間が短く、過払い金がないことがわかっているという場合でも安心して相談できますよ。

減額成功報酬も不要なので、支払いの不安も少なくて済みますよ。

-返済方法
-

Copyright© 借金が返せない人の対処法と、164人の借金返済体験|熱血債務整理 , 2017 AllRights Reserved.